アルギニンとはどんなアミノ酸なのか?

アルギニンとはどんなアミノ酸?

アルギニンは天然のアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌に深い関係を持っている栄養素です。
そもそもアミノ酸は、現時点でわかっているだけでも500種類以上存在しますが、その中でも人の体を構成するたんぱく質の構成成分は20種類しかありません。
その20種類のうち、9種類は体内で合成できない種類で外部から取り込む必要があり必須アミノ酸と呼ばれたりします。
しかし例外があって乳幼児や子供の場合は体内で構成できないアミノ酸が1種類増えるために、子供の場合は必須アミノ酸は10種類になります。
それがアルギニンという栄養素になります。

生きていくために特に必要な必須アミノ酸は10種類

人間が生きていく中で欠かすことができないアミノ酸は、リジン、トレオニン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、バリン、ヒスチジンと今回紹介したアルギニンです。

アルギニンは医薬品でも使用されている栄養素

アルギニンは様々医薬品で使用されています。
特に体の中心的な臓器である肝臓機能を高める目的として、アンモニア解毒や肝機能増進などで、アルギニンをはじめチトルリン、オルニチン、アスパラギン酸が使われます。
他にも費用回復や食欲増進、精力増強でアルギニンはよく使われています。

アルギニンがもたらす効果効能と副作用

アルギニンがもたらす効果効能は色々あります。
成長ホルモンの分泌促進、筋肉増強、アンチエイジング、血流改善、女性不妊症、免疫向上などがあります。
アルギニンはどんな効果効能なのかまとめましたの詳細はこちらで確認してください。

アルギニンの効果効能と副作用